不要なDVDは売却してしまうのがおすすめです。ただし、買取方法は数種類あり、それぞれには違いがあるので注意が必要です。大きく分けると持込み買取、出張買取、宅配買取の3つがあります。DVD買取を検討中の方は、これらの違いに気をつけて選びましょう。

持込み買取の特徴

持込み買取はポピュラーな買取手段と言えるでしょう。買取店などのお店へDVDを持込み、その場で買い取ってもらう方法です。一番利用者が多いと言っても良く、買取と聞いて思い浮かべる方も多いのが特徴です。ただし、店舗へと持ち込まないといけないため、一手間かかる点には注意しましょう。

出張買取とは

出張買取は、買取店や業者のスタッフが家まで出向き、査定と買取を行う方法です。電話やネットから申し込むのが一般的で、直接出向いてもらえることからDVDを大量に売りたい方に適しています。買取代金もその場で渡してもらえることが多く、すぐ現金化したい時にも向いています。

しかし、買取DVDが一定枚数以上ないと利用できない店舗も多く、数枚売りたい方には不向きです。あくまで大量に売りたい方向きの方法と言えるでしょう。

宅配買取の特徴

宅配買取は、自宅から買い取ってもらいたいDVDをお店や業者へ送る買取方法です。大半の業者はネットから申込みが可能で、一枚からでも買い取ってもらえます。

ただし、買取には時間が数日かかるため、すぐ売りたい方には適していません。発送の手間がかかる点にも注意が必要です。

買取方法を使い分けよう

このように、DVD買取の方法はそれぞれ大きな違いがあります。向き・不向きがありますので、自分のライフスタイルなどに合わせ、買取方法を使い分けてみると良いでしょう。

関連する記事